ニュース&トピックス

2019年04月15日|開催報告

【銚子プロジェクト第1話】ご縁で共創するには、2回会うことが重要

千葉テレビの番組予報にありえないテロップが!?(笑撃)
『銚子電鉄がだじゃれでSOS?銚子を調子よく!【415NEWSチバ930】』
ーーーー

ご縁で共創するには、2回会うことが重要

2回目で共創できる。1人じゃできない。ありえないことを。

ありえないことで社会・地域に貢献できる。

そのためには、2回会うことが重要

ーーーー



<2019年1月23日>

多部田が銚子市役所から、銚子電鉄:竹本社長、柏木取締役を紹介受ける



<2019年1月29日>

多部田による、銚子電鉄:鯖威張(サバイバル)弁当の紹介に、

一般社団法人日本だじゃれ活用協会(以下だじゃれ活用協会)様から、

「銚子のお役に立ちたい!」と吉報あり

IMG_5606.jpg

以降、Facebookメッセンジャーでやり取り


<2019年3月27日>

だじゃれ活用協会のダジャレンジャー:中島ヒロタカさんがご来銚

銚子電鉄、銚子うめえもん研究会、日本図解協会で初顔合わせ

IMG_5604.JPGIMG_5605.JPG


経営状態が苦しく常にSOSを発信している銚子電鉄竹本社長より、
Super Out Sourcing(丸投げ)」の背水の陣戦略に基づき、
だじゃれ活用協会の提案が採用


その提案内容は、

「タイなのにヒラメいちゃいました!? 鯛料理とだじゃれは銚電を救う!鯛パニック号を運行します。」

*笑撃

*多部田は銚子電鉄:竹本社長、柏木取締役と2回目の再会



<2019年3月29日>

銚子電鉄よりプレスリリース発信
IMG_5603.JPG

【主催】
一般社団法人日本だじゃれ活用協会
銚子うめえもん研究会
銚子電鉄株式会社
【後援】
一般社団法人日本図解協会


<2019年4月7日(大安)>
千葉日報社様より、「鯛&駄じゃれ楽しんで」との新聞報道あり。
たいあんをかけた、笑撃的な援護
これがきっかけで、Yahooニュースや、毎日新聞で堂々掲載



<2019年4月14日(SOSの日)>
だじゃれ活用協会様御一行がご来銚

IMG_5601.JPGスクリーンショット 2019-04-15 6.45.06.pngスクリーンショット 2019-04-15 6.44.52.png

*だじゃれ活用協会:中島さんと銚子電鉄は【2回目の再会】


千葉テレビ報道局様もご来銚され、

銚子電鉄がだじゃれでSOS?銚子を調子よく!【NEWSチバ930】で紹介されることに
【笑撃】

IMG_5599.jpgIMG_5600.JPG


ーーーー
ご縁で共創するには、2回会うことが重要

2回目で共創できる。1人じゃできない。ありえないことを。

ありえないことで社会・地域に貢献できる。

そのためには、2回会うことが重要

ーーーー

我々、一般社団法人日本図解協会の理念は、

コミュニケーションを図解し、図解でご縁をつなぐ。


引き続き、この取り組みを、ご指導・ご支援をよろしくお願いします。
多部田

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スクリーンショット 2019-03-20 13.55.16.png

代表理事:多部田、理事:村山、
企画部長:水江、事務局長:吉田、秘書:組坂

電話 :050−1002−1241
FAX :046−272-3858
書類宛先 :〒108-0023 東京都港区芝浦2-1-5 ZOOM芝浦1003
お問い合わせ :https://resast.jp/inquiry/36105